【大津市・3月第一日曜から4月15日】


●ところ日吉大社周辺
●主な行事日程 4月12日
17時〜 午の神事 八王子山頂〜東本宮
4月13日13時〜 花渡り式 参道・宵宮場・西本宮
19時〜 宵宮落し神事 宵宮場
4月14日13時30分〜 拝殿出し神事 西本宮
16時〜 船渡御 七本柳から湖上へ
●お問合せTEL077-578-0009(日吉大社

湖国屈指の大祭である山王祭は五穀豊穣を祈る日吉大社の例祭です。
起源は約千三百年前、三輪明神が坂本に遷座した時に里人が大榊を日吉に捧げたことに始まるとされています。

毎年3月の第1日曜に始まり、中心行事が終わる 4月15日までの1カ月半の長期にわたって、この大祭は繰り広げられます。

山王祭の数ある行祭事の中で最大の見ものは、4月12〜14日の神事です。

12日に行われるのは「午の神事」。
牛尾山の原始的な地主神信仰に基づき、山上の社から急坂を、松明を先頭に神輿を担ぎ降ろして東本宮拝殿に移します。

13日には、烏帽子と鎧に身を固めた稚児や甲冑を身につけた武者らによる華やかな「花渡り式」が行われ、夜8時頃からは大拝殿で「宵宮落し」が行われます。
「宵宮落し」とは、東本宮系4社の神輿を激しく降り落とした後、競って神輿を政所から落ろし西本宮へ担ぎ出す豪快な神事です。

14日は「申の神事」で西本宮系の神事に入っていきます。
午後2時から神輿を御座船に乗せて湖上を渡ります。この神事では粟飯の御供を奉納して夕方日吉大社へ帰るのですが、前日までの豪快さとは一変して、おごそかな一大祭礼絵巻が展開されます。

そして、15日に「酉の神事」 を行って山王祭は長かった全日程を終えます。

七社の神輿は重要文化財に指定されており、現在実際には使われていませんが、東本宮近くの神輿蔵に安置され、いつでも拝観できるようになっています。






写真をクリックすると
大きくご覧になれます








宵宮落し神事2007
花渡り式2007
神輿神幸・船渡御2007
申の神事2007


 その他の大津三大祭はこちらをクリック